fc2ブログ
空を見上げて

コスモス



森繁久彌さん、亡くなられましたね。
ご冥福をお祈り申し上げます。


森繁久彌さんから、昨日、思い出した事がありました。

今のところ、人が亡くなる又は、亡くなった時に、
目に涙を出した事があるのは、
自分の祖父が他界した時だけなのだけれど。


元々、声から雰囲気と好きな雰囲気をお持ちだった森繁久彌さん。
どうしたかな・・と、ふと思い出す方でした。

森繁久彌さんから、【知床旅情】を思い、
自分の祖母・祖父それぞれと同じ空間で、時間を過ごした何らか・・
を、思い出し。
涙が頬をつたっている自分に、気づき。
いつも、何らかの方が亡くなった事を聞いて、残念な気持ちなど
何らかを想いますが、想う以外・・
その『涙』のつたった自分に、驚きました(笑;


それはそうと。
【知床旅情】を、初めて聴いたのは、小学生の時。
祖母と一緒に旅行へ行った北海道。

その時に、歌ってくれたバスガイドさん。
もうお名前は覚えていませんが、当時の顔や諸々印象は
ハッキリと、覚えています。

とても妖艶でいて、明るく朗らか、
ロングの髪も容姿が、お綺麗でした。
声も、またキレイで上手に歌を歌われる方でした。

たしか、当時の何らかの旅行の記憶と照らし合わせても、
おそらく・・2泊3日~せいぜい4泊5日くらいの旅行中、
バスガイドのお姉さんに、後に先について回っていたのも、
覚えています(笑

当時、一生懸命に歌詞の暗記に、歌の歌い方を練習しました。
------
【知床旅情】

知床(しれとこ)の岬に はまなすの咲くころ
思い出しておくれ 俺たちのことを
飲んで騒いで 丘にのぼれば
遥(はる)か国後(くなしり)に 白夜(びゃくや)は明ける

旅の情(なさけ)か 酔うほどに さまよい
浜に出てみれば 月は照る波の上(え)
君を今宵こそ 抱きしめんと
岩かげに寄れば ピリカが笑う

別れの日は来た ラウスの村にも
君は出て行く 峠を越えて
忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん
私を泣かすな 白いかもめを

------

森繁久彌さんといえば、どうしても俳優さんの印象が強いのですが、
とても、良い歌を作詞作曲していましたね。

今、聴いても、とても素朴で良い旋律を奏でる曲。

あーーー
コスモスは、北海道の夏ですよねぇ。。


スポンサーサイト



テーマ: 旅の思い出 -  ジャンル: 旅行
by 東京多摩地区近郊【空おと】  at 08:29 |  思ったこと |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

無駄がムダでない面白さ楽しさ


小ささ、壮大さを感じたり、面白い楽しさ。

日常の中の合間で、頭の切り替えが必要だけれど、
『非日常の中の日常』を、感じる。

面白い楽しい過ごし方。


例えばの話。

温泉に入っている。
それがあるのが、外。
かなり大きい。

→ということは、、、空が観えるし地面も観える。
空には、空の色も、雲の形も違う。
飛んでいる虫や、佇んでいるらしい音しかしない動物類・・がいるかもしれない。
地面には、蟻がいるかもしれないし、ただの雑草とか野花かもしれない植物。
どれも違う。
もしかしたら、温泉自体のそば、石かもしれないし、ちょっとしたトタンの柵や、
何かがあるのかもしれない。

ぼんやり見るも良し、耳を澄ませたり。
農場の類だと、匂いでなく臭いに感じきついでしょうが、
何となく、鼻を利かせても良い。

これは、瞑想しきれなくても、五感のどこかに、最初に意識を向けるから、
普段、お風呂でボーーーっと、大半の人は、何も考えず、気持ち良いだけ・・
かもしれないとしても、『いつも』から、何気なくしている事。
普段、一生懸命使っているから、休ませるように使っている。
リフレッシュに繋がる部分。


または、更に意識的に使ってみる事にもなること。

観察するように、ひたすら目的と想像を持って観る。
そうすると、見てるモノが観えてくるモノになることがある。

五感のどれかしら・・だけか、フルに使おうとする事も良いし。
手足や身体自体を使って、フルフル踏みしめたり、持ちくたびれたり・・・。

動かないモノは、興味が持てなければ、飽きる場合もあるから、
なるべく動いているモノだと、動きの刺激が入る分、
それ自体についての想像も生まれる。

そして、必要以上に使い、疲れれば、ボーっとするか寝る(笑
ものすごくシンプルなことに気づいていますか。


当たり前に、そこにあること。


それだけでも、無駄がムダでないと気づくのかもしれません。
肉体や五感なら、ある程度の疲れすぎる前に、やめれば、
まだ頭が活きてるから、『想像・創造』しやすい。

更に、感じたまま、想像を具現化する行為。
『作る・造る・創る』何かをするなら、もうひたすら1人で楽しい(ハイ
いっぺんに、する必要は、全くありません。


自分自体をつくることも同じ。
何かしらを、誰かしらを、つくることも同じこと。
レパートリーがある分だけ違って、面白く楽しくても、根っこは同じ。


例えば温泉なら、身体を洗い、マッサージあたりをすること。


テーマ: 季節を感じる -  ジャンル: ライフ
by 東京多摩地区近郊【空おと】  at 00:01 |  気分 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

じゅげむじゅげむ



じゅげむじゅげむ (寿限無、寿限無)

ごこうのすりきれ (五劫の擦り切れ)

かいじゃりすいぎょの (海砂利水魚の)

すいぎょうまつ (水行末)

うんらいまつ (雲来末)

ふうらいまつ (風来末)

くうねるところにすむところ (食う寝る処に住む処)

やぶらこうじの『ぶ』らこうじ (やぶら小路の藪(やぶ)柑子)

ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがん (パイポパイポ パイポのシューリンガン)

しゅーりんがんのぐーりんだい (シューリンガンのグーリンダイ)

ぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーの (グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの)

ちょうきゅうめいのちょうすけ (長久命の長助)



テーマ: 招き猫 -  ジャンル: 趣味・実用
by 東京多摩地区近郊【空おと】  at 14:25 |  思ったこと |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
  1. 無料アクセス解析